読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冬鍋雑記帳

ゲームを愛するゆかいな日々。冬にはスキー

<part:number=epilogue:title=In This Twilight>

<?Emotion-in-Text Markup Language:version=1.2:encoding=EMO-590378?>

<!DOCTYPE etml PUBLIC :-//WENC//DTD ETML 1.2 transitional//EN>

<etml:lang=ja>

<body>

 

<anger>

先週末風邪でダウンしてました(半ギレ)watchmeを身体にいれなきゃ

</anger>

 

でもようやく先日映画版ハーモニーみてきましたよ。やりますねぇ!


「ハーモニー」劇場本予告 - YouTube

 

お話は原作準拠。やっぱりちょっと急ぎ足かな?って印象受けたけど、きっちりみていればストーリーを楽しむことが十分可能かと。

 素晴らしいのは生命主義社会のビジュアル部分。優しさを限りなく追求した建造物群からは、ある種のおぞましさがヒシヒシと伝わってきます。拡現も非常にそれっぽく描かれておりますが、電脳技術的なSF作品に触れてないと初見では理解しづらいかも。原作は説明じみた部分が多いけど、だからこそこの世界観がきっちり構築できてたんだよなあ・・・映像化はなるほど難しい

 さて、ここからが大事なんですけど、クレイジーサイコレズイデオローグこと御冷ミァハさんについてなど・・・

割とすんなりでしたね。中2病こじらせたような言動でありながらも、トァンやキァンのように魅了されてしまいそうでした。特に声。人選大・正・解

 

最後にトァンがミァハさんを撃っちゃうところは・・・なんか痴情のもつれみたいになっててアレでしたけどね。アンタ愛してるとかいいながら何撃ってんの・・・トァンは最後まで、彼女の中でのイデオローグであったミァハにこれ以上無いほど魅かれていたのでしょう。「わたし」が消滅したハーモニーの世界で一緒に生きるのではなく、ミァハからハーモニーの世界を奪うことが、トァンの愛・・・だったのかな?

トァンさんも十分クレイジーサイコレズじゃねーか!!

作中のモノローグや回想のシーンではめっちゃ二人してイチャコラしてます、お前ら・・・

 

なんだかんだいってあっさり目だけど良い映像化でした。みんなで観てこころを調和させよう!

 

<null>

わたし

</null>