読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冬鍋雑記帳

ゲームを愛するゆかいな日々。冬にはスキー

諏訪子様かわいい

たまには真面目な記事を書くかー!というわけで、小説をひとつ紹介しますよ。

僕は普段ミステリー小説を読まないので、書評・・・というわけではないですけどね。

おうちの本棚に転がってたので随分前に読んだのですが・・・・

 

中山七里 『連続殺人鬼 カエル男』

 

www.amazon.co.jp

口にフックをかけられ、マンションの13階からぶら下げられた女性の全裸死体。傍らには子供が書いたような稚拙な犯行声明文。街を恐怖と混乱の渦に陥れる殺人鬼「カエル男」による最初の犯行だった。警察の捜査が進展しないなか、第二、第三と殺人事件が発生し、街中はパニックに…。無秩序に猟奇的な殺人を続けるカエル男の目的とは?正体とは?警察は犯人をとめることができるのか。

 

読み始めたら一気に最後までいってしまいました。読みやすい文章とスピーディーで引き込まれる展開、そして最後に明かされる恐ろしい真実とは・・・・!

ちょっと間の抜けたタイトルとは裏腹に、かなり強烈な社会派ミステリーです。

市民が警察署を襲ったり、主人公の古手川刑事がこれでもかとボッコボコにされたりなどツッコミどころもありますが、読んで損はない作品です。

あとホトケの描写がぐろい。砂場のシーンこれアカンやつやろ・・・・・

おすすめなので読んどけよ読んどけよ~

 

 

 

 

刑法第39条

1. 心神喪失者の行為は、罰しない。

2. 心神耗弱者の行為は、その刑を減刑する